シミ・ソバカスはメラニン生成が活性化することで生まれます

シミやソバカスの原因になるメラニンを抑制する化粧品

シミやソバカスの原因だとされているメラニンは、紫外線を浴びたお肌が体を 守るために作り出す黒い色をした色素のことを指します。 このメラニンが皮膚の一部に沈着してしまってできるのが、シミやソバカスです。

メラニンをできにくくすることによってシミやソバカスもできにくくなるで しょう。

ここでは、シミやソバカスの原因になるメラニンを抑制する化粧品について 解説をいたします。

メラニンを抑制するに一番良いのは紫外線に当たらないことですから、 まずは第一段階としてSPF30以上の日焼け止めクリームを塗布して皮膚をおおって しまうことが大切です。 日傘や帽子を併用しても実際には完璧に紫外線を避けることは不可能です。

紫外線を浴びてしまったお肌をシミやソバカスから守るためにはメラニンを 生成する皮膚の働きをストップさせる必要があります。 メラニンを作っているのは色素細胞と呼ばれている細胞です。

市販されている美白化粧品は色素細胞の機能を抑制してメラニンができない ようにする作用があります。

メラニン美白成分をご紹介しておきますが、いずれも完璧とは断言できませんが 紫外線を浴びた場合はいずれかを使うと良いでしょう。

一番目は、アスコルビン酸(ビタミンC誘導体)です。 これは、紫外線や温度や水分によって酸化されやすい特徴を持っている ビタミンCの構造を少し変えて薬剤としての安定性を高めたもので、 ビタミンCと基本的な作用は同じです。

メラニン色素の生成を抑制させるのみならずお肌細胞を刺激してコラーゲンの 生成を促進するというメリットもあります。

二番目は、アルブチン製剤(ハイドロキノン誘導体)です。 これは色素細胞で働くある酵素の作用をブロックしてくれます。 その酵素がなければメラニンの生成はストップしてしまいます。

三番目は、コウジ酸で発酵食品に欠かせないコウジ菌から発見された物質です。 お味噌や醤油を取り扱う人たちに色白な人が多いことから効果は証明されています。 コウジ酸もアルブチン製剤と同じく酵素の働きを抑制してくれます。

以上、シミやソバカスの原因になるメラニンを抑制する化粧品について解説を いたしました。これ以外にも、ゲンノショウコから作られたエラグ酸やエンド セリンの阻害剤が美白剤として使われます。

あくまでもこれらの美白剤は紫外線を浴びた後で使うもので、基本はUVケアで 紫外線からお肌を守ることが最優先です。

↑ PAGE TOP